9月17日(日曜日) 宮城県自死遺族支援連絡会シンポジウム テーマ『自死は、向き合える』 ~私たちの周りで何が起きているのか~ を開催します

9月17日(日曜日) 宮城県自死遺族支援連絡会シンポジウム テーマ『自死は、向き合える』 ~私たちの周りで何が起きているのか~ を開催します

 昨年4月に施行月に施行月に施行されたされた改正自殺対策基本法では、「誰も自殺に追い込まれることのない社会の実現」をめざして対策の充実を図ることとされました。自死はその多くが追い込まれた末の死であり、その背景には、心の不調だけでなく、過労、生活困窮、育児や介護疲れ、いじめや孤立などの社会的要因があることがわかっています。いまだに自死は、個人の問題と捉えられがちですが、このように社会の問題であり、誰にでも起こりうる身近な問題です。
 そのため今回は、あらゆる視点か自死をめぐ問題について皆さんと一緒考えたいと思ます。

日時:2017年(平成29年)9月17日(日曜日)
    13時30分~16時30分(12時30分受付開始)
会場:仙台市福祉プラザ福祉プラザ 11階 第1研修室
住所:980-0022
    仙台市青葉区五橋2丁目12番2号
    022-213-6237
※ご来場の際は,公共交通機関を利用ください。

第一部 講演(13時40分~15時10分)
テーマ 「自死は、向き合える」
ルポライター 杉山 春 氏

杉山春


休憩 (15個10分~15時20分)

第二部 宮城県自死遺族支援連絡会各団体活動報告(15時20分~16時10分)
コーディネタ 小原聡子氏(宮城県精神保健福祉センター 所長)
助言者 杉山春氏(ルポライター)
話題提供者
田中幸子氏(仙台わかちあいのつど 藍の会 代表)
前川珠子氏(東北希望の会 代表)
小田島佳子氏(社会福祉法人仙台いのち電話 すみれの会 代表)
滑川明男氏(NPO法人 仙台グリーフケア研究会 代表)

終了 16時30分

主催:宮城県自死遺族支援連絡会
連絡先 TEL0229-23-1603(宮城県精神保健福祉センター
構成団体:仙台わかちあいのつど藍の会
社会福祉法人仙台いのち電話 すみれの会
NPO法人仙台グリーフケア研究会
東北希望の会(過労死・自遺族とサポートの会)
宮城県精神保健福祉センター

参加費無料、事前連絡不要です

皆さまのご参加お待ちしております

詳しくは 090-5835-0017 田中 迄お問い合わせ下さい

仙台市福祉プラザ

会場への地図です

仙台わかちあいのつど 藍の会

東北希望の会

社会福祉法人仙台いのち電話 すみれの会

NPO法人仙台グリーフケア研究会

宮城県精神保健福祉センター



宮城県自死遺族支援連絡会シンポジウム2017
スポンサーサイト

9月6日 宮城県自死遺族支援連絡会 シンポジウム 自死遺族の現実(いま) ~こんな問題で悩んでいませんか~ 開催のお知らせ

9月6日(日曜日) 「宮城県自死遺族支援連絡会 シンポジウム 自死遺族の現実(いま) ~こんな問題で悩んでいませんか~」を開催します

 昨年、宮城県自死遺族連絡会では、はじめてシンポジウムを開催することが出来ました。テーマは、「自死という言葉を知っていますか?」宮城県と仙台市でも、遺族の方々の心情に配慮し公文書などで「自殺」という表現を「自死」と言う言葉に言い換えることを決めました。たくさんの方々に参加して頂き活発な意見が交わされ盛大にシンポジウムを終えることが出来ました。しかし、まだまだ、遺族の方の周りにはたくさんの問題が現状として降りかかっていることを皆さんご存じでしょうか?第二回目となる今回のシンポジウムは、「自死遺族の現実(いま) ~こんな問題で悩んでいませんか~」と題して、遺族の方々の心情を苦しめている現状の問題について、様々な観点から当事者、支援者の方々よりお話戴き、会場の皆さんと一緒に考えていければと思います。

9月6日(日曜日)
仙台市医師会館(仙台市急患センター) 2階 ホール
13時30分~16時30分


参加費無料、事前申し込み不要です

なお会館内の駐車場は急患センターの患者さん優先のため利用できません、公共交通機関(バス・地下鉄)を利用の上お越し下さい

皆様のお越しをお待ちしております

詳しくは 022-717-5066 田中 までお問い合わせください。

アクセス

会場への地図です

シンポジウムプログラム2015_01

シンポジウムプログラム2015_02

2階ホール